ホーム > 取扱資材 > セメント系資材 > セメント系固化材

セメント系固化材

昨今、耐震補強や液状化現象対策などのニーズが広がる中、建築や土木の地盤改良工事には欠かせない存在といえるセメント系固化材。「土あるいはこれに類するもの」を固める資材で、軟弱な地盤を改良するために土を固めたり、良質な土に変えるため他の資材と混合して使用します。

セメント系固化材は現場の土質に応じて添加成分を調整する必要があり、その性質を熟知した専門知識が求められます。東亜工業は、セメント系固化材の専門業者として長年培ったノウハウを生かし、現場の条件や施工の内容に応じた、最適な固化材をご提案いたします。
特約販売店として、2社の商品を販売しております。
住友大阪セメント株式会社セメント系固化材「タフロック」 太平洋セメント株式会社セメント系固化材「ジオセット」

用途

軟弱地盤・建設発生土の改良、土壌の安定化、ヘドロの固化処理、下水汚泥・基礎下の固化処理など幅広い用途に対応可能です。
用途

種類

一般軟弱土用
汎用品、軟弱地盤、建設発生土
高有機質土用
腐植土やヘドロ等
特殊粘性土
火山灰質粘土(ローム等)、有機質土、高含水土等
発塵抑制型
散布、施工時の発塵抑制
高含水土用(セメント石灰複合等)
セメント系、石灰双方の特徴を併せ持った
高含水土の改良
取扱上の注意

取扱上の注意

  • モルタル・コンクリートへの使用は不可です。
  • 混合不良や過剰添加の場合には膨張を起こす可能性があります。
  • 一般軟弱土用、高有機質土用等の種類がありますので、固化対象に適正な固化材が必要です。
  • 極微量のクロム化合物が含まれますので、土と混合した改良土から土壌環境基準を超える六価クロムが溶出する場合があります。 事前に試験を行ない溶出量の確認をしてください。

保管

ビニールシート等で降雨対策を施し、水分や湿気が入らないようにパレット等の上に置き、直接、地面に置かないようにしてください。

安全上の留意点

  • 散布の際には飛散にご注意ください。飛散が問題となる可能性がある場合は、発塵抑制型を使用するかスラリーでの施工等をおすすめします。
  • 対象土との混合程度は、土質や施工機械などにより左右されます。現場条件に即した施工を行うようにしてください。
  • フレキシブルコンテナの吊りベルトは正しくフックを掛けて、吊り下には入らないようにしてください。
  • アルカリ性ですので、皮膚、目、呼吸器などを刺激し炎症を起こす事があります。防塵メガネ・防塵マスク・手袋などの保護具を着用してください。六価クロムに対して過敏である場合にアレルギーを起こす可能性がありますのでご注意ください。
  • 地面から開口部を離して散布してください。

※地域限定でのみ、ご提供出来る資材も含んでおります。営業担当までご確認ください。

お問い合わせ

長浜本社 TEL.0749-62-2200 FAX.0749-62-2241 滋賀県長浜市平方町366番地3 福井営業所 TEL.0776-38-5200 FAX.0776-38-5202 福井県福井市江端町36字15番地 東京出張所 TEL.03-5643-8900 FAX.03-5643-8910 東京都中央区日本橋小伝馬町 12番9号滋賀ビル5階
本社・営業所・出張所お電話受付平日 8:00~17:30
お問い合わせフォームはこちら