ホーム > 各種工事 > 土木工事 > 地盤改良工事

地盤改良工事

地盤改良工事とは、建築物などを構築する際に、対象となる地盤の安定性強化、 建設時のトラブル予防のために、地盤に改良を加える工事のことです。 耐震や液状化現象予防のニーズが高まる中、建築工事には必要不可欠な改良工事といえます。
東亜工業では、主力取扱い資材のセメント系固化材(地盤改良用セメント)を使用した柱状改良工法、 表層改良工法を主にした地盤改良工事を実施しております。
長年培った豊富な経験と蓄積したノウハウにより、浅層から深層まで現場の状況に応じた適切な工事を行います。
販売特約店として、2社のセメント系固化材を販売しております。
住友大阪セメント株式会社    太平洋セメント株式会社
セメント系固化材「タフロック」 セメント系固化材「ジオセット」
セメント系固化材を使用する事で、軟弱地盤が速やかに固化して優良土に改良され、原地盤の安定性が高められます。 使用するセメント系固化材や地盤の質や強度などによって、 原地盤内に構築する柱状体の構成内容が決まるので専門知識が必要とされます。
セメント系固化材

セメント固化材を使用した代表的な工法

柱状改良工法

代表的な工法である柱状改良工法は、セメントで地盤に柱状の杭を作って地盤を改良(補強)する工法です。 掘削機械で掘削しながら、セメント系固化材と水とを混合撹拌したセメントスラリーを原地盤に注入し、 地中土と混ぜ合わせ、地中内に固化させた柱状の杭を構築して行きます。
短工期・低コストで、改良・強化した地盤を長期間維持することが出来るなどのメリットがあり、数多くの現場で採用されています。
柱状改良工法

表層改良工法

表層改良工法は、基礎直下の表層部の軟弱地盤の土にセメント系固化材を混合して板状に固化させる工法で、 地盤の耐力を増加させて不同沈下を防いで地盤の安定性を高めます。
この工法は、地表面から約2m程度が限界ですが、重機やローラーなどで固められるので、 専用の施工機が不要なため工事の規模に関わらず施工が出来ます。 また、改良状況を目で確認することが出来、状況に応じた施工を行うことができます。
表層改良工法
この他、鋼製の杭や既製杭を深い位置にある支持層に打ち込んで基礎を固める「根固め工法」や直接支持が確認できる、 「打撃工法」などがあります。

お問い合わせ

長浜本社 TEL.0749-62-2200 FAX.0749-62-2241 滋賀県長浜市平方町366番地3 福井営業所 TEL.0776-38-5200 FAX.0776-38-5202 福井県福井市江端町36字15番地 東京出張所 TEL.03-5643-8900 FAX.03-5643-8910 東京都中央区日本橋小伝馬町 12番9号滋賀ビル5階
本社・営業所・出張所お電話受付平日 8:00~17:30
お問い合わせフォームはこちら